妊婦さんと赤ちゃんと水道水

最近は放射能の影響などで水道水も安全性が問題視されています。特に妊婦さんや母乳やミルクを飲む赤ちゃんがいるご家庭にとって安全な水の調達には苦労されていることと思います。

 

テレビでも「妊婦に水道水は問題ない」と言っていながら翌日には「控えた方が…」と言ってることが二転三転するため誰の言うことを信じていいのか不安は募るばかりです。

これに対し水道局では除去剤の増量など汚染物質の除去に力を入れて安全な水を家庭に届けようと頑張ってくださっています。

 

それでもやはり現段階で水道水が安心・安全であるとは言い切れない!と心配されるなら、私は水道水ではなくミネラルウォーターを取り入れることをオススメします。

 

ミネラルウォーターなら妊婦さんでもミルクを飲む赤ちゃんでも、育ち盛りのお子さんも安心して口にすることができます。

 

お店からミネラルウォーターを買うのがコスト的に大変。というならウォーターサーバーの利用を検討されるのもいいでしょう。契約前に無料でお試しできるキャンペーンを展開しているところもあるので、そういったところを利用してみるのもオススメです。

 

例えば赤ちゃんのミルク作りにも使える水を提供している会社には以下があります。

 

 

 

 

水道水のカルキ

水道水にはカルキと呼ばれ塩素を石灰に吸着させたものが入っていますが、これは水に含まれる有害物質や細菌を除去するためです。

 

ただこのカルキのせいで水が安全である反面、カルキ臭さがあり独特のニオイや味がして美味しくない水となってしまいます。妊娠中は特にこうしたニオイに敏感になってしまう人もいるので余計にも不快に感じてしまうものではないでしょうか。

 

しかし日本の法律では塩素が蛇口まで残っていない水は違法になります。それは浄水場から家庭に届くまでの距離や時間が長くなるに従って、より雑菌の繁殖を抑えなければならないためです。

 

そのためどうしてもカルキを沢山使わないと家庭にキレイな水を提供できないことから、水道水特有のカルキ臭さが水に残ってしまうわけです。

 

それでも最近は優れた性能を持つ高度浄水処理施設ができたことで、東京など都会の水も一昔前よりは美味しい水が提供されるようになっています。

 

水道水は殺菌力に優れた水

放射能汚染さえなければ日本の水道水は殺菌力に優れた水。ということで食中毒予防に効果的です。

 

食中毒の原因となる食品に付着した大腸菌などは水道水に浸しておくことで死滅させることができます。これに対しミネラルウォーター等にこのような殺菌力はない為、食中毒の予防効果はありません。

 

そのため、

 

  • 「味」で選ぶならミネラルウォーター
  • 「放射能」の心配をしたくないならミネラルウォーター
  • 「殺菌力」で選ぶなら水道水
  • 「コスト」で選ぶなら水道水

 

このようになります。

Sponsored Links