水道水の安全性

日本では水道水に含まれる細菌などについて厳しく法律で規定されているため、日本の水道水は塩素によって殺菌された水が使われています。

 

この塩素が水道水をまずくし、お肌や粘膜に悪影響を与える原因となっています。

 

そこで妊婦さんや乳児を抱える子育てママさんにとって水道水の安全性はとても気になるところです。「水がまずい」というだけなら多少の我慢もできるものですが、水道水に発がん性物質が含まれているとなれば話は別です。

 

殺菌のために使われる塩素と水に含まれる汚染物質とが結合することで様々な有害物質が発生し、中でも発がん性物質のトリハロメタンが問題視されています。

発がん性物質「トリハロメタン」について

 

  • アトピー性皮膚炎の悪化
  • 喘息の症状悪化
  • 集中力低下
  • 精神障害
  • 疲労感
  • 流産、死産リスクが高まる

 

水道水に含まれる発がん性物質「トリハロメタン」については、これらが報告されています。

 

特に心配されるのは流産、死産リスクが高まるという点です。これは飲み水にトリハロメタンの含有量が多い地域に住む女性に関する研究結果によるものです。

 

更に水道水には、

 

  • クロラール類
  • クロロ酢酸塩
  • クロロアセトニトリル
  • クロロアセトン類
  • 酢酸熊窒素
  • クリプトスポリジウムなどの寄生虫

 

など実に様々な有機塩素化合物に加え塩素で死滅しない寄生虫まで含まれていると報告されています。

 

こうした水道水の危険性を知った上で、ミネラルウォーターを取り入れるのは賢い選択となるわけですが、コスト面で考えれば家計の圧迫は免れません。

 

【対策】

浄水器の設置!

 

まずは調理や水分補給で使用する台所の蛇口に設置しましょう。浄水器を選ぶ時は塩素や上記で挙げた有害物質を除去できるものを選びましょう。

 

浄水器を設置すれば水道水はカルキ臭さが抜け、有害物質が除去されたキレイな水となるため体にも良く、更に料理が今までと違い美味しく仕上がります。

Sponsored Links