水の塩素を無効化する方法

水道には塩素が含まれているため殺菌力が強い分、肌や髪の毛などへ悪影響を及ぼすため、特に妊娠中や敏感肌のお子さんがいるご家庭では水道水の使用に注意を払っているのはないでしょうか。

 

そこで飲んだり食べたりで直接口から摂る水に関しては、ミネラルウォーターや浄水器を取り入れることで対処している人が多いようですが、お風呂で使う水に関してはいかがでしょうか。

 

【浴槽にためた水の塩素を無効化する方法】

 

お茶の出がらしを使う
緑茶を飲む時に使う1回分の葉をガーゼで包んだ物を浴槽へ入れる
ティーパックの緑茶1個を浴槽へ入れる
いずれかを浴槽へ入れたら浴槽内全体をかき混ぜて入れたものを取り出す

 

使うのは出がらしでOK。緑茶成分は半分以上生きているので、カテキンとビタミンCの作用により浴槽内の塩素が無害な塩素イオンへと変えます。

 

ビタミンC錠剤あるいは粉末を使う
ビタミンC錠剤なら1錠を砕き浴槽へ入れる
ビタミンCの粉末なら1グラムを浴槽へ入れる

 

緑黄色野菜の葉を使う
人参または大根の葉を浴槽へ入れ混ぜる

 

ヨモギを使う
野生のものでも買ってきたものでもOK
生でも乾燥したものでもOK
浴槽へ入れ浮かべる

 

柑橘類の皮を使う
ビタミンCが含まれる柑橘系の皮を浴槽へ入れて混ぜる
あるなら有機栽培のミカンの皮が理想的
目安はミカンで1個〜2個分の皮

 

風呂用浄水器を設置
台所用ではなく風呂用浄水器を設置すると手間いらず
アトピー性皮膚炎を患っているお子さんや大人にもオススメ

 

風呂用浄水器を設置して毎日温泉気分

浴槽内の水道水に含まれる塩素を無効化する方法はいろいろあります。中でも手っ取り早いのは風呂用浄水器を設置してしまうことです。

 

塩素を有害なものから無害なものへと変化させるとアルカリ性となるため、毎日自宅に居ながらアルカリ性単純温泉という泉質の温泉気分を味わうことができます。

 

水道水を沸かした一番風呂に入った時、肌にピリピリとした刺激を感じたらそれは塩素が細胞破壊しているということです。肌が弱い人は余計症状が悪化します。

 

だからこそ水道水に含まれる塩素を無効化する必要があるのです。要はビタミンCと同じく還元力があるものを利用すれば浴槽内の水道水の塩素を無害化できます。

Sponsored Links