アルカリイオン水が妊娠中毒症にも有効な理由

 

妊娠中毒症を簡単に言うと・・・
体内の毒素を体外へ排出できないことが原因の血管の病気のこと
妊娠中に体内の毒素が原因で起こる中毒症状の総称

 

つまり体内の余分なものを出せないまま体内にとどまることで、むくみが症状として現れるわけです。

 

なので体内の余分なものを出すために一般には利尿剤が用いられ水分の摂取量が制限されます。ですが水分摂取量の制限と利尿剤の服用とを同時に行うと、体に必要な水分までも失われることになります。

 

そこで大事なことは、

 

体内への浸透性の高い水を積極的に摂って体内の毒素を排出すること!

 

これにより自然な利尿作用が促され、体のむくみも解消される!その浸透性の高い水こそがアルカリイオン水!となります。

 

このことからアルカリイオン水は妊娠中毒症にも有効である。ということができます。

 

妊娠中毒症を予防するためにも積極的な水分補給を

つわりで悩む人の中には「炭酸飲料を飲むとスッキリするわ〜」という人もいます。実際私もそうでした。喉への刺激とお腹の中でのシュワシュワ感が食事を摂れない時の吐き気を紛らわせてくれたものです。

 

しかし炭酸飲料は高カロリー。

 

  • 極端な体重増加
  • 肥満
  • 妊婦糖尿病
  • 妊娠中毒症

 

など妊娠中は様々なことに気を配らなければならない大事な体です。更に「ゼロカロリー」な食品や飲み物も流行っているようですが、あれは食品添加物が入っていることで油断ならないものです。

 

そこで妊娠中毒症や他の病気や症状を予防するためにも、日頃の水分補給をアルカリイオン水に変更してみましょう。

 

それだけで、

 

  • 体内の余分な毒素が排出される
  • カロリーを気にせず好きなだけ飲める
  • 妊娠中のむくみを予防できる
  • 体内の細胞が元気になる
  • 妊娠中の健康維持に役立つ

 

等々、多くのメリットを期待できます。

 

ということで元気で快適なマタニティライフを送るためにも、私はアルカリイオン水をオススメします。

Sponsored Links