赤ちゃんとママさんのむくみ

赤ちゃんもむくみます。ただ赤ちゃんの場合、「注意が必要なむくみ」と「放っておけば勝手に元に戻るむくみ」とがあるため、これらの見極めがポイントになります。

 

  • 顔がむくむ時・・・急性腎炎の可能性あり
  • 目の周りがむくむ時・・・喘息の発作によるもの
  • まぶた、下肢、全身がむくむ時・・・心臓病、腎臓病の可能性あり
  • 下肢がよくむくむ時・・・心臓病の可能性あり

 

などのように赤ちゃんのむくみが時に病気のサインであることもあるため要注意です。

 

これに対し大人のむくみは体内の毒素を排出できないことが原因で起こることが多いです。

 

【大人のむくみ対処法】

日頃から水を飲まない人は積極的に水を飲む習慣をつけましょう。

 

【ポイント】

細胞組織への浸透力に優れた水を選ぶことで効率よく体内の毒素を排出することができます。

 

体が水分不足になってむくむ理由

体が水分不足になると体内の水分を排出しないよう脳から指令が下されることで、尿量と汗の量が減ります。これにより体内に余分な老廃物が残ることとなり、血行不良となるため顔や体にむくみが生じるわけです。

 

また妊娠中もむくむ人が多いですが、この場合も細胞組織への浸透力の高い水を積極的に飲むことが大事です。そうすることで、

 

  • 自然利尿作用で尿量が増え毒素を排出できる
  • 血流が良くなる
  • 代謝が高まる

 

これらにより、むくみを解消できます。

 

むくみ解消にオススメな水
アルカリイオン水
カルシウムを含む硬水
フェルサートを含む水
ナトリウムの含有量が多過ぎない水
血中の酸素量を増やし血流を促す天然の炭酸水

 

カルシウムには血管をやわらかくして血行促進する働きあるため、むくみの解消にオススメです。フェルサートは老廃物のスムーズな排出と新陳代謝を向上させる作用があるためオススメです。

 

【注意】

もし水を積極的に飲んでもむくみが解消されない時は、腎臓疾患を疑い早めに病院で検査を受けることをオススメします。

 

特にナトリウムの含有量が多い水を沢山飲むと腎臓へ負担をかけることになるため、ナトリウムを豊富に含む硬水は控えた方がいいでしょう。

Sponsored Links